CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
王禅寺の住宅 02

地鎮祭を迎えてから

約2週間後。

満を持して着工しました。

最初に遣り方です。

基礎工事に先立って

建物の配置、通り芯(柱や壁の位置)、

そして水平の基準を出していきます。

まずBM(ベンチマーク)を定めます。

工事中に動くことのない

高さの基準点を決めます。

基準が決まったら

次は芯出し。

建物で特に重要な柱が通る軸を

通り芯と言います。

この通り芯の位置を

建物の周囲に水平に設置された水貫に

墨出していきます。

矩(かね)出し。

芯を正確に出すため

90°を測ります。

墨を出しているところ。

すべての通り芯が出せたら

これでようやく本格的に

工事がスタート。

いよいよ土を掘ります。

根伐りといいます。

向かいの道路から。

掘った土はトラックに載せて

近くの残土処分場に運びます。

数日後。

土が基礎を受ける状態まで

整いました。

 

| 王禅寺の住宅 | 22:51 |
URA H 08

無事にお引き渡しが終了しました。

オーナー様へ

竣工おめでとうございます。

今後のご活躍心よりお祈り申し上げます。

 

早速オーナーと主任が開店の準備で大忙しです。

 

 

また忙しい中、レベルのスタッフ見学も

快くご了承頂きました。

 

ボトル棚にお酒が並ぶと

より雰囲気がでます。

 

 

 

 

大井町にお越しの際は

立ち飲みや「8」

そして

スナック「URA H」

にお立ちよりください。

 

| URA H | 23:07 |
王禅寺の住宅 01

神奈川県川崎市麻生区、王禅寺で

新しいプロジェクトがはじまります。

これから始まる工事の安全と家の繁栄を祈願して、

地鎮祭がとり行われました。

敷地には家の隅にあたる場所に杭が打たれていました。

杭と杭を結んだ地縄によって

家の輪郭が浮かび上がります。

その地縄のほぼ中心に

土地の神様を呼ぶという祭壇をまつります。

お隣の柿の木。

青い空にオレンジの柿の実がピカピカと映えます。

急に、冬がはじまったのだ、と実感。

最後に奉献酒を捧げて、準備が整いました。

降神の儀。

 

お施主さまによって玉串が捧げられました。

最後に、地鎮祭をとり行っていただいた

柿生琴平神社の神主さんから

鎮物(しずめもの)を授かりました。

基礎工事がはじまったら、

この鎮物を敷地の中央に埋めます。

土地の神様を鎮めてくれる

お守りのようなものです。

 

 

| 王禅寺の住宅 | 15:32 |
URA H 07

工事は最終工程となります。

TVの取付位置確認中です。

 

ボトル棚も奇麗に塗装上がりました。

背面の既存のCBとのバランスが魅力的です。

 

 

その他に製作のSt扉を取付ました。

 

80mmの見付がある3方枠が

より重厚感を引き立たせています。

 

一通り現場工事が終了し、

残すはメインの看板の工事です。

 

看板もStの製作です。

 

 

 

細部までこだわりました。

こちらにロゴが入り完成となります。

 

次回は竣工となります。

ご期待ください。

 

 

| URA H | 22:46 |
URA H 06

現場は仕上の工事が着々と進んでいます。

メインのボトル棚です。

ケヤキの突き板を使用しました。

 

カウンターの天板の搬入され

雰囲気が出てきました。

 

トイレの壁の色です。

 

洗面台です。

 

 

店内の様子が現れてきました。

最終仕上がりまでもう少しです。

 

| URA H | 18:52 |
URA H 05

現場は順調に進んでます。

左官屋さん

カチコテ施工中です。

 

 

施工が終了しました。

 

カチコテが乾き

良い色合いになってきました。

 

オーナーとトイレの壁の色について現場打合せ中です。

 

トイレの壁の色が決まりました。

今後のトイレの変貌にもご注目ください。

 

 

| URA H | 21:33 |
URA H 04

工事が順調に進んでいます。

土間、壁のサンプルの確認です。

前回の8(ハチ)と同様に

壁はカチコテ

床は墨モルタルで仕上げます。

 

 

現場では

土間を仕上る前の断熱材を

敷いてました。

 

土間は無事に打ち終わり

これから壁の仕上にはいります。

 

また、鉄工所にて

お願いしているスチールの扉です。

とても重厚感があり今後が楽しみです。

 

| URA H | 18:43 |
URA H 03

引き続き現場の様子です。

 

電気屋さんが配線工事を行っている様子です。

 

こちらが今回の素材サンプルとなります。

 

配線工事後、大工さんによるカウンター工事が行われました。

 

トイレの間仕切り壁となります。

通路からトイレに入るまでに

面白い演出がしたいとオーナーからのご要望を頂いているので、

今後が楽しみです。

| URA H | 10:42 |
URA H 02

間が空いてしまいましたが、

引き続き「URA H」レポート致します。

 

解体工事が始まりました。

店内のカウンターなどすべて撤去します。

 

 

 

 

構造はコンクリートブロック及び鉄骨造となります。

 

店内模型です。

これから内装工事に入ります。

今後に期待です。

 

| URA H | 21:40 |
志木の住宅 26

 

オープンハウスに向け、外構工事が進んでいます。

 

 

植栽が植わりました。

5m級のシマトネリコがシンボルツリーです。

 

 

ガラス張りの開放的なダイニングは

植栽計画によってプライバシーを確保しました。

 

 

貸し駐車場からの視線も考慮しています。

 

 

西側道路と建物の隙間には多肉系の植栽を選定しました。

どことなく南国感が漂っています。

 

 

外塀の木ルーバーも施工しました。

コンクリートと木の表情がせめぎあっています。

 

今週末のオープンハウス、是非お越し下さい。

 

| 志木の住宅 | 20:36 |
| 1/121PAGES | >>