CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES

オープンハウスのお知らせ

「葉山の住宅」のオープンハウスを,7/8日(土),9(日)に開催致します。是非お越しください。
>>詳細はこちらから

葉山の住宅 25

完了検査を迎えました。

足場が外れ

仕上げの工程をのこして

工事は、もうあと少しのところまで来ました。

建築基準法上の完成した建物として

審査機関によって最終の検査をしていきます。

この日は仕上げ工程の佳境でもありました。

左官の長田さんも

前日から磨きの下塗りに現場入りしていました。

(左から、長田さん、中村、出原、菅監督。)

 

 

下地の段階でもすでに雰囲気がある。

このアーチは青く磨かれます。

ウルトラマリンブルーです。

六角形の形をしたモザイクタイル。

この青は、コバルトブルー。

六角形の端と真ん中あたりで色が微妙に異なります。

窯変といって、炎の状態や

釉薬の加減によって起こるそう。

1F。土間コンが打ち込まれました。

今週はさまざまな仕上げがめまぐるしく進みました。

来週一気に建物の、空間の姿が現れはじめると思います。

| 葉山の住宅 | 22:42 |
志木の住宅 16

 

工事が順調に進んでいます。

 

 

室内のボードが貼られ始めました。

 

 

 

建物の一部を少し土に埋めている為、

主寝室の出窓は地面と近い関係が生まれています。

 

 

2Fの間仕切り壁も下地が組まれました。

 

 

塗装工事も始まり、階段に色がつきました。

 

 

外部の表し梁も塗装が始まっています。

 

| 志木の住宅 | 22:54 |
九品仏の住宅 13

現場の様子です。

3階では天井までPBが施工されました。

 

 

 

大工さんの技術が

際立っています。

 

二階も順調です。

 

 

まだ足場が取れないのが

残念ですが、今後がとても楽しみです。

| 九品仏の住宅 | 22:42 |
STUDIO Personal 01

 

四谷三丁目で新しいプロジェクトが始まりました。

 

トレーナーさんとお客さん、

一対一のパーソナルなフィットネスジムの改装です。

 

 

実は、この度のお施主様は以前もジムの改装のご依頼を頂いた方です。

『新宿 PERSONAL STUDIO』

 

こちらのお店にも是非おこしください。

 

 

| STUDIO Personal | 20:46 |
葉山の住宅 24

今日はついてる。

家を出るとき

いつ雨が降りはじめてもおかしくないくらいの曇り空で

ホントに今日の左官大丈夫だろうかと心配していたわたしは

大船駅で電車を下りるとすぐに

ホームの屋根と電車の間から空をチェック。

すると。

空が青い!

今日はついてる。

こういうときは

なんとなく最先がいいものです。

 

現場には三人の左官職人さんがスタンバイ。

遠目から見ても、腕の良さそうなオーラが出ているのがわかりました。

今日はついてる。

使う材料はアイカのジョリパット、水墨。

#1000の純白に活性炭を入れた漆喰材です。

コテを押し当てるときに活性炭がすりつぶされ

色の濃淡の具合を

瞬間瞬間で表情として出していきます。

あっという間に

薄墨色の面積が広がっていきます。

この分だと夕方になる前に終わってしまうのでは・・・

と、その予感は的中。

この写真は、この日の午後

「偶然時間ができたので、

これから葉山に行ってきます。」

とメッセージを送ってきてくれた

お施主様が撮影したもの。

速報、いただきました。

ほらやっぱり

今日はついてる。

 

| 葉山の住宅 | 20:49 |
九品仏の住宅 12

現場では壁のPBの施工が順調に進んでおります。

 

玄関の製作扉の枠です。

扉本体もStで製作しました。

これではまだ完成ではないので、

ご期待ください。

 

また、前回途中だった木製の階段が完成致しました。

 

その他にも建具の枠や

造作収納

天井の野縁など

いろいろと現場が進んでいます。

今後が楽しみです。

| 九品仏の住宅 | 10:29 |
志木の住宅 15

 

工事が順調に進んでいます。

先日室内に鉄骨階段が搬入されました。

 

 

鉄骨ならではの軽くスマートな階段のデザインです。

 

 

階段幅も通常よりもゆったりとっています。

 

 

ささら鋼-踏み板-手摺とそれぞれに対し

細かい要求をさせて頂きました。

 

 

外壁廻りも工事が進んでいます。

左官外壁の下地モルタルを塗る準備に入っています。

 

 

通気ラスと言って、プラスチックのぽこぽこが

外壁内に通気層をつくります。

 

| 志木の住宅 | 22:49 |
葉山の住宅 23

逗子の花火大会の翌週。

外壁にラスが貼られていました。

 

 

現場すぐそばの海岸。雲が厚い。

 

 

ラスに包まれて、マッシブに。

外形が出ると、急に建物らしくなります。

 

 

一週間後。

モルタルが塗られました。仕上げの左官は来週です。

 

 

モルタルの色みや質感は、魅力的だと思う。

 

 

帰り道。海岸では海の家を建設しはじめていました。

| 葉山の住宅 | 17:18 |
志木の住宅 14

 

工事が順調に進んでいます。

 

 

外壁廻りは左官仕上げの外壁材の前に

防水紙の施工が始まりました。

 

 

ただの紙ではなく、しっかり水をはじきます。

 

 

内部は断熱材が施工されていました。

 

 

柱間にみっちり充填されるため高い断熱効果を発揮します。

 

 

ダイニングに面した4mの木製サッシも取り付きました。

 

 

内から見ても外から見ても圧巻です。

足場が有るため外から引いて写真をとれないのが残念です。

 

 

エントランスにはデザイン硝子もいれています。

夜になると室内からこの硝子を通し揺らいだ光が

外へ漏れだします。

 

 

| 志木の住宅 | 20:46 |
葉山の住宅 22 逗子の花火大会

「逗子で花火大会があるそうなんですが

よかったら一緒にどうですか?」

5月の上旬、

お施主様から電話をいただきました。

規模は小さいけれど、地元の人たちの間では

きれいだという話の、逗子の花火大会。

たしかに、屋上から見えるかも。

葉山でよかった!

素直に嬉しいと思った瞬間でした。

もちろん、花火大会の前には打合せ。

この日は最後の大物、キッチンを決めました。

ちなみに打合せをしたのは、

例の隣の隣の隣にある、フィッシュ&チップスのガゼボ。

実は、施工したのは葉山の住宅と同じ

ワイズホームでした。

花火が始まるまでしばらくあったので、

アーチの進み具合を見に現場へ戻ると

下地はほぼできていました。

照明のニッチ。

左官がなめらかにニッチの中につづくよう

ここでも曲げベニヤを使っています。

正面から見ると、こんな感じ。

1分の1の模型を持って行って説明したのが

10日ほど前のこと。

大工さん、やってくれました。

さすがです。

壁に埋め込まれている感じが見事に出ています。

納まりがきれい。

参加メンバー、とりあえず全員集合。

暗いな〜とざわついているところに

作業灯をサッとつけてくれたのは現場監督。

さすがです。

小あがりが、予想以上に機能している。

まだ未完成ですが

そこにいるみんながくつろいでいる様子を見て

なるほど、きっとこういう使い方してくれるんだ、

と、ストンと腑に落ちました。

そうこう言っているうちに、

遠くから小気味良い爆音。

 

はじまったはじまった。

みんな屋上に行こう。

 

 

| 葉山の住宅 | 22:02 |
| 1/118PAGES | >>