CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
八雲の住宅 15
八雲の住宅をWORKSにアップしました。



路地の行き止まりに建つ、外壁に窓の無い家です。
二つの中庭から柔らかな光が落ちてくる
まるで美術館のような住宅です。
| 八雲の住宅 | 23:35 |
八雲の住宅 14
先日、一年点検を行いました。



隣地側、道路側に窓の無いこの家は
反射光による採光を主としています。
まぶしくない明るさなのでとても気持ちいいと好評です。



大きな補修もなく、
きれいに住んで頂けています。
| 八雲の住宅 | 20:44 |
八雲の住宅 13
先日竣工写真を撮影させて頂きました。


和室・バーのカットです。


リビングと庭の夜景のカットです。


当日はご主人と奥様にモデルになって頂きました。
| 八雲の住宅 | 20:17 |
八雲の住宅 12
更新が遅くなりましたが無事竣工を迎えました。


敷地が袋小路の場所なので、ターンテーブルを設置しています。
正面に窓がなく不思議な外観です。

中に入ると外観からは想像もつかない、大きなサッシと庭がお出迎えです。
太陽の明かりが白の壁に反射してとても明るく、直射日光ではないので、
光の広がりがやさしく広がっています。

ライトアップされたお庭です。
庭はリビングに面しているため、時間と季節の移り変わりが常に感じられる住宅です。

| 八雲の住宅 | 11:27 |
八雲の住宅 11
現場は仕上げの段階です。

リビングから庭への光景です。

2階の庭とつながる大きなハイサイドライト。

現場にてルーバーの位置を大工さんと微調整しました。

| 八雲の住宅 | 23:39 |
八雲の住宅 10
造作が進んでいます。


エントランスに庇が付きました。
建物正面には窓がなく不思議な表情を見せています。

BARスペースからの眺めです。
外壁に窓が少ない分、中庭に光が降り注ぐようになっています。

フローリングが貼られています。
樹種はサイプレスです。

鉄骨階段も取付けられました。
踏み幅が大きいので、とてもゆったりとした登り方になります。

| 八雲の住宅 | 23:43 |
八雲の住宅 09
屋根の板金が敷かれました。奥に見える穴は中庭です。

内部では、ウレタンが吹かれ、サッシも取付けられています。

庭には防水工事が施されています。

リビングから中庭を見た風景です。
外壁に開口がないにも関わらず、中庭の外壁を伝って柔らかく光が廻り込み明るいです。

| 八雲の住宅 | 23:55 |
八雲の住宅 08
外壁の下地が貼られてきました。

リビングです。
前に見えるのは大きな庭。

庭とリビングの間には大きなサッシが取付けられます。

対面側の二階にも庭があります。

| 八雲の住宅 | 23:32 |
八雲の住宅 07
上棟しました。
袋小路の奥にひっそりと現れました。

今回、SE構法を採用していますので、柱梁がとてもすっきりしています。

お施主様にも建物の四周にお清めをして頂きました。
庭部分は他の場所よりコンクリートの基礎が高いため、
胸のあたりにお清めをしている少し不思議な光景です。

澄んだ青空にも恵まれました。おめでとうございます。

□お知らせ
お施主様のご厚意で現場を見学できる
「SE構法構造見学会」を開催させて頂くことになりました。

日程:2013年 2月 2日(土)
   2013年 2月 3日(日)
   2013年 2月 9日(土)
   2013年 2月10日(日)


ぜひお越し下さい。

| 八雲の住宅 | 21:21 |
八雲の住宅 06
基礎部分の工事です。

耐圧盤の配筋がされています。
手前部分が丸く円形になっているのが見えます。


耐圧盤の打設です。

奇麗な円形に形造られています。

基礎の立上がり部分の工事です。
右側の高くなっている部分は床面よりも高い位置にある庭の為のスペースになります。

型枠が取れました。車一台分のターンテーブルがここに設置されます。



円形の部分があったり、高い立上がりがあったりなどするこの基礎の風景は、
新築工事にもかかわらず遺跡のような不思議な佇まいになりました。



| 八雲の住宅 | 18:55 |
| 1/2PAGES | >>