CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
立呑み"8" 07
グランドオープン致しました。


縦1.2m、横3.6mの大きなのれんです。


鉄や木、モルタルによる造形で垂直水平が整った店内。


止まり木。
座り心地が抜群で、立ち飲み屋さんとは思えないくらいついつい長居してしまいます。


地下室へ。


魅惑の地下室の一席はVIPルームとして。


鉄の軽やかさと力強さが地下室を演出します。


トイレでは銅による洗面器が存在感を放ちます。


特注の立ち飲みテーブルには引出しが付きました。
お箸とメニューが格納されています。


道路側の店内。
のれんが絶妙な目隠しとなり、
風の揺らめきで店内が垣間見えます。


立ち飲みテーブルはまるで展示台のようになりました。


料理もお酒も絶品の大人の立呑み屋さんです。
大井町にお越しの際はぜひ訪れてみてください。

大井町 立呑み 8(ハチ)
| 立呑み"8" | 20:34 |
立呑み"8" 06
完成が近づいてきました。


カウンター部分。奥は厨房。



客席部分。止まり木やスリットが奥行き感を演出しています。


今回は、スチールで色々な部材を製作しています。
こちらはトイレの把手。
一筆書きのように製作。


スタッフルームの把手。
廊下に面した扉なので、取手類が出っ張らないのように、
扉厚に取手を納めています。


トイレのペーパーホルダー。
こちらも一筆書きのように。


銅製の洗面器。


灯籠。本店の「H」と同じモデルです。


屋外に取付ける暖簾掛け。


こちらは営業終了後に室内側にのれんを取付けるので、
そのための暖簾掛け。
営業中は常に見えてしまうので、
いわゆる暖簾掛けっぽくならないように工夫。


エントランスの扉はアイアン塗装。
オーナーさんに自ら仕上げてもらいました。


立ち呑みテーブルも完成し、搬入。


2016年2月24日グランドオープンです。

ぐるなび 立呑み8(ハチ)
| 立呑み"8" | 21:53 |
立呑み"8" 05
厨房内の工事が始まりました。


配管し、土間打ち。


天井下地、カウンター部分も形づくられてきました。


天井を黒く塗装し、壁はカチオン仕上げ。


止まり木との素材感の相性も良いです。


開口スリット、止まり木、H鋼の柱と線状のボリュームが
広がりをもって相見えます。


特注のスチール製の立呑みテーブルを一脚だけ搬入して
止まり木の体の預け具合を確認しました。
| 立呑み"8" | 19:09 |
立呑み"8" 04
内装工事が瞬く間に進みます。


カウンター部分の腰壁や間仕切ができてきています。


今回、立ち呑み屋さんということもあって、
壁に腰掛けられて、体を預けられるような出っ張り「止まり木」を
木の角材にて製作しています。


止まり木の意匠が店内を駆け巡ります。


模型写真。ファサードでは大きな暖簾の計画をしています。
暖簾の下からは立ち呑んでいるお客さんの足元がちらり見えます。


店名でもある「8」の大きさを実寸大にコピーして現場で確認です。
 
| 立呑み"8" | 23:57 |
立呑み"8" 03
今回のプロジェクトでは広くはないですが、地下室の計画があります。


元々は倉庫として使われていた様子の地下室。


階段設置のため、スラブ開口を施しました。


階段の設置。黒皮の縞板鋼板を使っています。


スラブを開口に伴い、鉄骨の柱を補強として設置しました。


怪しい地下室への架け橋の出来上がりです。
| 立呑み"8" | 22:41 |
立呑み"8" 02
工事が始まりました。


まずは間仕切り壁の解体です。


ブロック積みの工事も始まっています。
| 立呑み"8" | 22:16 |
立呑み"8" 01
新しいプロジェクトが始まりました。


立呑み屋さんの計画です。
"8(ハチ)"と呼びます。


大井町で人気の
和食ダイニングバー"H(エイチ)"さんの
離れ的存在になるお店です。
| 立呑み"8" | 23:27 |
| 1/1PAGES |