CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
上大崎の住宅 別邸 10

完成致しました。

 

2Fのテラスにはガラス手摺に代わり、

特注のプランターを設置し、緑を植えました。

植栽デザインは本邸の壁面緑化に引き続き、風景デザイン室さん。

プランターはステンレスで製作し、

ポーターズペイントさんによる錫色特殊塗装。

外壁の絶妙な色合いもポーターズペイントです。

新設の門扉には宅配ボックスを収納しています。

 

同じ通りに並ぶ本邸と別邸。

本邸の壁面緑化、別邸のプランターと、

デザインされた立体的な植栽が風景をつくりだしています。

 

エントランスへのアプローチ前面には

ガラススクリーンに代えて、ルーバーを新たに設置。

通風を確保し、ルーバーの間隔や縦横の向きを調整しながら、

目隠しとしています。

ルーバーの支持材はスチールにリン酸処理。

 

既存建物躯体の奥行きを鑑みて、

プランター、植栽、ルーバーといったパーツで更に奥行き感を構築。

 

色の構成。

 

表情を一新致しました。

 

2Fリビング。青色の繊細なレース越しに植栽が絡みます。

 

2Fはリビング、ダイニング、キッチンと連続し、

それぞれの空間を10mのテレビ台が横断します。

 

カーテンはクリエーションバウマン。

 

カーテンボックス部分にプロジェクタ用のスクリーンを隠蔽しています。

 

繊細なつくりのテレビ台。

 

テラスの植栽は目隠しも兼用しています。

 

緑と錫色。

 

2FLDKと階段の間仕切ではガラス扉としています。

把手を革を用いて製作しました。

 

淡いグレーとウォールナットの組合せ。

 

コーヒーテーブルも革を用いて製作。
 

面で構成された形状に革を落とし込んで巻いています。

 

 

45度に納められた革と木の取合いが美しいです。

 

1Fエントランス。

 

書斎。本棚で埋め尽くされた、

とても小さくて居心地の良い空間。

 

サッシ位置は既存のため、サッシに合わせて構成。

サッシ部分にも木製ブラインドを使用して、

壁としての表現としました。

 

 

洗面所。

 

洗濯機はビルトインタイプとしています。

 

浴室側。

 

仕事部屋。床はグレーのカーペット。

 

革のデスクを製作しました。

 

木はウォールナット材。

 

革はエルメスの色をモチーフとしています。

 

こちらも革を落とし込んでいます。ステッチは白色。

 

階段は既存のまま利用していますが、

踏み板をタイルから木に変更し、

スチール部分を黒色に塗装し、表情を変えています。

 

地下の廊下は前面収納としています。

 

WIC。扉の内側には鏡張りとしました。

 

WICではオープンクローゼットを基本としています。

中央には製作したジュエリーケースをレイアウトしました。

 

下部を引出し収納、上部をジュエリーの収納部分として、

収納した状態でもジュエリー等が魅せれるように天板をガラスとしています。

 

引出しの隅部分を45度にして、シャープな納まりとしています。

 

一番上の引出しには濃いグリーンのジュエリー用の内箱を設置しました。

 

ウォールナットの間仕切に内箱を納めています。

 

一部を指輪の収納として構成。

 

寝室では少しだけ特別に、ホテルのような空間としています。

 

ヘリンボーンの床を壁へと連続して立ち上げています。

 

寝室の奥にシャワールームを併設。

 

浴室と壁の質を変え、ダークトーンに抑えました。

 

鏡の枠には極細のライン照明を仕込みました。

 

完成、おめでとうございます。

| 上大崎の住宅 別邸 | 20:56 |
上大崎の住宅 別邸 09

足場が取れ、仕上げ工事が進んでいます。

 

 

2Fテラス部分に見えるのは特注のステンレスプランター。

錫に似た色の塗装を施しました。

外壁はグレイッシュなグリーンで外壁を塗装しています。

 

内部では仕上げ塗装も行われています。

こちらもグレイがっかったベンジャミンムーアの塗装で

仕上げています。

 

シャワールームの水廻りもタイル張りがされました。

 

外部のアプローチではルーバーが取付けられています。

こちらでは長方形の断面形状のルーバー材を

縦横にランダムに並べ、

エントランス口への視線を遮りながら視線の密度を調整しています。

ルーバーを支持している材料はリン酸処理されたスチールを使用しています。

 

ここでオープンハウスのお知らせです。

 

この度、設計・監理を進めて参りました「上大崎の住宅 別邸」が竣工し、
お施主様のご厚意により、オープンハウスを開催させて頂く運びとなりました。

開催日時:8月6日(土) 10:00〜17:00
              8月7日(日) 10:00〜17:00

最寄り駅:五反田駅、高輪台駅、白金台駅

参加ご希望の方は、
弊社ホームページ内の問い合わせフォーム、
もしくはメールにて
ご連絡頂ければ案内状をお送り致します。

ぜひお越し下さい。

| 上大崎の住宅 別邸 | 15:12 |
上大崎の住宅 別邸 08

工事も仕上げの段階に入ってきました。

 

2Fでは天井にルーバーが取り付きました。

 

キッチンの壁には

ヘリンボーンのタイルを貼っています。

 

部屋全面10m近くに及ぶとても長いテレビ台とキッチンが取り付きました。

樹種はウォールナットで、今後、若干グレーがかった塗装を施していきます。

| 上大崎の住宅 別邸 | 21:09 |
上大崎の住宅 別邸 07

造作壁の下地工事に入ってきました。

 

リビングスペースの斜め天井から壁にかけてを

曲面の壁に仕上げていきます。

 

まずは大工さんに型を作成して頂き、形状の確認。

 

それを元にボード下地の作成。

 

ボードを貼って下地の完成。

きれいに揃ったビスの並びが美しいです。

曲面が途中で止まっている部分には間接照明を仕込みます。

| 上大崎の住宅 別邸 | 20:52 |
上大崎の住宅 別邸 06

一部を革張りとしたテーブルを製作するため、

先日、革の選定に革屋さんへ行って参りました。

 

棚一面にある革の数々。

 

今回はオレンジ系で検討。

色味を確認。

 

実際に使用する革をその場で選定しました。

 

| 上大崎の住宅 別邸 | 16:59 |
上大崎の住宅 別邸 05
現場ではフローリングの施工が始まりました。


「上大崎の住宅」ではカジュアルライクなイメージとして、
カバザクラのフローリングとしましたが、
別邸では落ち着いたイメージとして、
ウォールナットのフローリングとしています。


地下はヘリンボーン張りの仕様です。
組合せパーツを造りながら貼っていってもらっています。


組合せパーツを造るための型。


一部壁面にもヘリンボーンを施しました。
| 上大崎の住宅 別邸 | 21:39 |
上大崎の住宅 別邸 04
地下の内装工事が始まっています。


きれいに並ぶ下地。


断熱も新しく施工しています。


屋根直下にあたる2F天井にも追加で断熱を施工。


階段の仕上げをタイルから木に変更するため、
下地材を施工。


メーカーから照明器具をお借りして、
現場にて位置や光量の検討を行いました。
| 上大崎の住宅 別邸 | 22:40 |
上大崎の住宅 別邸 03
解体が進んでいます。


2Fリビング。南からの光が差し込んでいます。


地下では結露が見受けられたため、防水工事を施しました。


現場の壁に描いたスケッチ。
解体してみないと分からない部分も多くあります。
現場監督さんと打合せしてその場で納まりを決めていきます。
| 上大崎の住宅 別邸 | 17:02 |
上大崎の住宅 別邸 02
着工しました。


1F部分。


地下部分。
まだまだ解体が続きます。
 
| 上大崎の住宅 別邸 | 17:23 |
上大崎の住宅 別邸 01
新しいプロジェクトが始まりました。


上大崎の住宅を建てられたお施主様が
ほぼ隣地にあたる区画の建物を購入され、
改装をすることになりました。


3棟あるうちの中央の建物で、
半地下階+地上2階建てのRCの建物です。


ホテルライクな落着きのある空間をつくります。
| 上大崎の住宅 別邸 | 22:59 |
| 1/1PAGES |