CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
高輪の住宅 02

高輪の住宅が着工しました。

 

今回は地盤調査の結果、地盤改良の必要なしという判定でした。

改良工事はないので、まずは根切りという土の掘削からスタートです。

 

必要な深さまで掘削をすると、まずは砕石を敷いていきます。

その上に防湿シートという、地面からの湿気を防ぐためのシートを敷きます。

最後に捨てコンクリートという、水平面を作る為のコンクリートを打ちます。

 

現場に着いた時には既にコンクリートは打たれていて、

固まる前の打ち立てのコンクリートの状態でした。

 

後日コンクリートが固まってから配筋作業に入ります。

一本づつ基礎屋さんが鉄筋を組んでいきます。

 

手前に見えるのがこれから組まれる大量の鉄筋です。

奥に見える赤い道具は鉄筋を曲げる為の道具です。

 

 

配筋検査の当日、見事な配筋が組まれていました。

非常にきれいに組まれています。

 

この部分はガレージになる所で、100mmピッチで配筋されています。

後から所長が来ると「きれいですねー」と基礎屋さんに。

現場監督さんが来ると「歩きやすいねー」と。

コンクリートが打設されると目には見えなくなる部分ですが、

こういった丁寧な仕事をして下さる基礎屋さんには感謝です。

 

配筋検査の様子です。

鉄筋が継ぎ足される部分の定着長さが確保されているかメジャーを使って確認します。

 

土台や構造体と基礎を連結させる為のアンカーボルトが

指定の位置に設置されているか、

基礎に埋まる長さがちゃんと確保されているかを確認します。

 

鉄筋の回りに必要な被り厚さのコンクリートが打設されるように

スペースを確保する為のスペーサーもちゃんと設けられています。

 

鉄筋のたて・よこのピッチを確認します。

2個のメジャーが必要なため、構造設計の方にメジャーをお借りすると

何やらメモのような物が書かれているのを見つけました。

 

何が書かれているのか見てみると、

鉄筋の定着長さが必要長さ以上確保されているか

一目で分かるようにメモがされていました。

こういった細かな工夫を仕事の為にしている方々。

プロフェッショナルですね。

 

 

次回は基礎コンクリート打設です。

保存保存

| 高輪の住宅 | 21:01 |
高輪の住宅 01

新しいプロジェクトが港区の高輪でスタートします。

木造3階建ての住宅です。

 

 

 

敷地は高輪の閑静な住宅街にあります。

 

計画地は小道を入った先に位置し、

そこに住む住人以外の車の出入りがほとんどなく、

都会のど真ん中なのにとても静かで恵まれた居住環境です。

 

 

計画地は北側が道路に面していいて、

東・西・南面は3階建ての住宅に囲まれています。

また、接道している間口は約5.7m、

奥行きは約15.6mあり東京では良くある事ですが、

なかなか日差しを取り込むには厳しい環境です。

唯一、北側に面した道路がT字路であり、

家の正面の景色が抜けいてその先の景色を眺める事が出来ます。

 

 

この様な周辺環境に対して今回の計画では、

敷地中央の東側に中庭を設けて、

細長くて暗くなりがちな建物北側にも光と風を取り入れようとしています。

またあえて北側にLDKを配置し、ファサード(建物の正面)に2層連続の大開口を設けることで

北側に開けた景色を家のの中から眺めることができ、

同時にT字路の先からこの家を見たときに

アイストップとして建物の豊かな表情を作り出そうという考えです。

 

 


 

先日、地鎮祭が執り行われました。

当日は天気にも恵まれ、お施主様と小学生のお子様もご一緒に地鎮祭に参加しました。

未だ小さいお子様も、一人で玉串を神主様から受け取り、神前に奉奠しました。

家を建てる上でのこういった経験が、

お施主様やお子様にとって良い想い出となればいいなと思います。

 

 

当日は地縄張りという建物の外壁が建つ位置に沿って張られた糸が用意されており、

建物の輪郭を確認しました。

 

現場は間もなく着工となります。

敷地も弊社の品川事務所から近く、頻繁に現場を確認する事が出来そうなので、

出来るだけブログにアップさせて頂きたいと思います。

 

これから引き続き宜しくお願い致します。

| 高輪の住宅 | 10:46 |
| 1/1PAGES |