CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
東山の住宅 13
現場が進んでいます。

屋上の階段が仕上がりました。

先日は断熱の工事があり、
外壁に面している壁・天井などに発砲ウレタンを吹きました。

二階のリビングから見上げた吹抜けです。
ここからは壁と天井を貼って行きます。
| 東山の住宅 | 13:30 |
東山の住宅 12
電気配線・設備配管工事が始まり
先日お施主様とコンセント立会を行いました。

コンセント立会では宅内のコンセント・スイッチプレート位置を
一つ一つ確認する打合せです。

お施主様、お時間を頂きましてありがとうございました。


今の現場では電気配線だけではなく、
給水、給湯、排水、ガス配管工事も行っております。

大工工事も順調に進んでいます。
玄関前の外部照明ボックスです。

屋根のアスファルトシングル工事は先日終わりました。

崖の下から見た眺めです。
少しづつ竣工に向けて建物が出来上がってきています。
| 東山の住宅 | 23:24 |
東山の住宅 11
外壁側の合板が貼り終わりましたので中間検査を行い、無事終えました。



ルーフバルコニーへ向かう階段を作り始めています。

サッシも取付け始めました。

これからは内部の電気配線、設備配管工事が行われます。
| 東山の住宅 | 14:19 |
東山の住宅 10
現場が進んでいます。

屋根の合板は貼られまして、
トップライトも取付けられました。

1Fから2Fへ上がる階段室の眺めです。
2Fのリビングへ上りきった所には
トップライトを設置しています。

勾配屋根もアスフォルトシングル工事まで進んでおります。

ルーフバルコニーからの眺めです。
崖の上に計画している為、視界を遮るものもなく
壮大な風景が広がっています。
| 東山の住宅 | 20:32 |
東山の住宅 09
上棟の際に「日刊木材新聞」から取材があり、
その記事が先日掲載されました。



東山の住宅では株式会社グランドワークスの金物構造メーカー
HSフレームシステムを採用しており、
複雑でおもしろい計画ということもあり、取材依頼を頂きました。

今回の計画は台形のプラン+勾配屋根の設計なので
自由度が高められるHSフレームシステムを採用することになりました。
内部の空間を大きく一体とするため、
HSフレームシステムの特徴であるラーメンフレームを使用しながら
間仕切り壁を減らすことができました。
| 東山の住宅 | 11:57 |
東山の住宅 08
先日上棟しました!

今回の敷地は公園に面した崖の上に設置しているため、
2階リビングでは壮大な眺めを獲得しています。
また、この計画で特徴的な勾配屋根の登り梁が
風景をきれいに縁取ります。

この勾配屋根は台形で設計しているため、
構造体の納まり等を色々と工夫しました。

下の公園から見上げた眺めです。
崖面に対して勾配屋根と出窓で
とてもユニークな表現を見せています。

ここからは壁に合板を貼り、サッシの取付けを行います。
上棟後が工事現場の中でもとても忙しく、早く進む段階なので
これからの変化がとても楽しみです!
| 東山の住宅 | 19:41 |
東山の住宅 07
先日、基礎の配筋検査を行いました。

鉄筋の高さ、位置、そして数量の確認を行います。
その後、コンクリートの打設を行い、基礎工事を完了しました。

やっと建物の形が見えてきました。
次回はいよいよ上棟となります!
| 東山の住宅 | 23:58 |
東山の住宅 06
先日着工しました。


まず先には地縄検査です。
図面を確認し、敷地の境界から基準を計り、
敷地自体に建物の配置を糸で決定します。


次に行うのは根切りです。
基礎計画に合わせて土を掘り、
基礎工事の準備を行います。
| 東山の住宅 | 15:10 |
東山の住宅 05
先日、地鎮祭を行いました。



少し曇り空でしたが雨も降らず、無事に行えることができました。
お施主様、おめでとうございます。
| 東山の住宅 | 14:28 |
東山の住宅 04
先日、敷地内の埋蔵文化財の発掘検査を行いました。

東山という地域は、縄文時代から弥生、平安時代などの
遺物が発見される地域となっておりまして、
新築を建てる際には、一度試掘調査を行い、遺物が発見された場合、
発掘検査を行う事となっております。

今回発見された物は、縄文時代の遺物と、柱の穴です。
検査の担当者の意見を聞きますと、
恐らくこの敷地は昔、住宅がたっていたと思われるとのことです。
​2000年以上前から人は住宅を建てて過ごしていたということは、
場所的にはとても良い敷地だということなのではないでしょうか。

検査が終わりますと、発見された遺物と結果は目黒区歴史資料館が集め、
掘り返した土を戻し、工事が始められる状態に戻ります。

今後はいよいよ地鎮祭と着工です!
 
 
| 東山の住宅 | 17:38 |
<< | 2/3PAGES | >>